JIPTブログ

パスポートへ旧姓を記載

2017年03月10日

結婚後、旧姓で仕事をしその活動や実績が書面(招聘状、論文等)で確認できる方、

又は職場で旧姓を使用し業務で渡航する方については、旧姓を別名併記(カッコ書き)することができます。

J-1ビザ申請にも適応され、DS-2019へは現在(結婚後)の姓が記載され、

ビザスタンプへは現在の姓および、AKA:旧姓も記載されます。

お問い合わせはこちらから