募集要項

募集要項

研修期間

Trainee:
3週間~最長18ヶ月迄(ただしHospitality分野は最長12ヶ月迄)
Intern:
3週間~最長12ヶ月迄

申請資格・条件

  1. 研修受入先が既に決定していること。
  2. 日本国籍を有する18歳以上の健康な方。
    (外国籍の方で、現在日本にお住まいの場合はご相談ください)
  3. 研修期間中は、米国市民や社会と積極的に接触し相互理解を深め、文化交流に努めること。
    研修期間終了後は、必ず日本へ帰国し、研修の成果を役立てること。
  4. [Trainee] 次のいずれかに該当すること。
    1. 研修分野に関連のある米国以外の大学(院)・専門学校を卒業し、1年以上研修分野の業務に従事していること。
    2. 高校卒業後、5年以上研修分野での実務経験があること。
    [Intern] 次のいずれかに該当すること。
    1. 米国以外の大学(院)もしくは専門学校に在学、現在研修分野について学んでいること。
    2. もしくはそれぞれの学校卒業後、12ヶ月以内であること。
  5. 原則として申請時に6ヶ月以上、研修分野の業務から離れていないこと 。
  6. 研修期間中、米国の法律で定められた条件を満たすCultural Vistas手配の医療事故保険に加入すること。 
  7. 米国での研修生活に必要な英語力を有していること。
  8. 受入企業・団体により定められた研修計画に従って実務研修を行うこと。
  9. 原則として日本国外に滞在中の方は申請不可(申請時には必ず日本に戻っていること)

申請対象とならない職種・分野

  1. 医療分野(ただし、患者と接しない研究機関等への研修は申請できる場合もあります)
  2. パイロットなどの航空技術(ただし、整備士などは申請可能)
  3. 実演・展示を伴う芸術分野
  4. エステティシャン、スキューバダイビングインストラクター
  5. 特にスキルを要さない分野

米国滞在歴のある方

商用・観光(B-1/B-2)ビザ以外で、過去3ヶ月以内にアメリカビザを取得し米国に滞在していた方、また以前アメリカビザを取得し長期滞在していた方は、その時の滞在資格により申請できないこともあります。必ず過去の米国滞在歴・資格をご確認の上、当協会までお問合せください。
また過去にアメリカビザを申請し、却下もしくは取り消されたことのある方は、申請時に詳しい状況を必ずお知らせください。

2回目以降の申請

J-1ビザは、条件により再度ご申請いただくことも可能です。
詳細につきましては、当協会までお問い合わせください。

米国受入企業/団体の条件・概要

  1. J-1ビザは文化交流を目的とした交流訪問者ビザであり、就労ビザとして代用はできないこと(ビザの誤用は違法です)
  2. 原則として、研修生の人数が米国受入企業・団体の全職員数の10%を超えないこと。
    また研修地に、フルタイム従業員が5名以上いること。
  3. 研修は、Cultural Vistasの承認を受けた研修計画書(DS-7002)記載の条件の下行うこと。
  4. 研修中は研修生の生活が賄える研修手当をUSドルにて支給すること。
    (日本側派遣企業・団体が支給することも可能)
  5. 新規に研修生を受入れる場合は、New Company Fee $300が必要。
  6. 以下のいずれかに該当する場合、Cultural Vistas担当者の現場訪問を承認前に受け入れること。
    • 初めてCultural Vistas Programを利用する米国受入先企業/団体で、従業員数25名未満、もしくは年間の売上が300万USドル未満。
    • 過去3年間にCultural Vistas Programを利用した研修生の受入実績がない、または受入実績があってもEvaluation Formの提出がされていない。
    • その他Cultural Vistasが必要と認めた場合。
  7. 以下の情報を必要書類に記載の上、Cultural Vistasに提出すること。
    • Workman's Compensation Information
    • Employer Identification Number
申請開始にあたっての米国受入先企業・団体との連絡/米国側書類提出状況の確認等については、派遣元企業もしくは研修生ご自身の責任でご確認をお願いします。

研修期間中の英語学習

英語学習を希望される場合は、フルタイムの実務研修以外の時間(早朝、夜間、週末)に受講されるようお願いします。

米国大使館ビザ申請

  1. J-1ビザ適格証明書(DS-2019)取得後の在日米国大使館でのビザ申請は、ご本人の責任で行っていただきます。
  2. J-1ビザ発給可否の判断は、 申請者の居住地域を管轄する米国大使館・領事館の領事によってなされます。
    Cultural VistasがDS-2019を発行しても、領事がビザ発給を拒否した場合、研修はできません。
  3. ビザ申請にあたっては、英語または日本語による領事面接が義務付けられています。
  4. 面接は米国大使館のホームページから予約可能。

申請手続に必要な費用(2016年5月1日申請分より適用)

申請のご相談はJ I PTにて行っております。ご来訪は、完全予約制となっております。
なお、ご相談の前に研修生登録書にご記入の上、e-mailにてお送りください。別途電話相談も行っております。 ガイダンスは無料です。
お問い合わせはこちらから