法人概要

法人概要

What's JIPT?

JIPTロゴ

Cultural Vistas(CV)とグローバルパートナー契約を結んでいる、日本で唯一の団体です。JIPTはCultural Vistasが実施しているJ-1ビザ研修プログラム【Train USA Program】の日本窓口として、日本語で一連の申し込み手続きの第一次審査を行っております。

アメリカにあるビザスポンサー団体の多くは、英語により直接ビザスポンサー団体に申請する必要があります。一方Cultural Vistasが実施しているTrain USA Programでは、JIPTが架け橋となり日本語で手続き案内を可能にしています。またJ-1ビザ申請に必要な適格証明書(DS-2019)手続きのみならず、米国大使館でのビザ申請(面接)手続きのコンサルティングや、ビザ申請後、出発前オリエンテーションを日本語で実施することにより、研修生の皆様が安心して研修にご出発いただけるよう、サポートをいたしております。

また2013年4月以降、新たなJ-1ビザ、研修プログラム実施団体とグローバルパートナー契約を結び、取り扱いを開始いたしました。詳細については、お問い合わせ下さい。

JIPTは、1990年から日米間の学生・社会人実務研修交流事業を推進しており、これまでに3000名以上の日本人研修生を米国の企業・団体へ送り出し、国際理解を深めることに努めてまいりました。

また、官公庁や企業のグローバル人材育成に適した米国実務研修プログラムのご提案及び企画も行っております。2015年より米国各種ビザの取扱いを開始致しました。

What's Cultural Vistas?

ロゴCVI

米国国務省 教育文化局が認可した、J-1ビザプログラム実施団体の一つです。J-1ビザ実施団体であったAIPTとCDSが2010年末、事業の更なる拡大のために統合し、米国最大のJ-1ビザプログラム実施団体Cultural Vistasとなりました。

様々なプログラムを展開しており、世界100ヶ国以上から研修生を米国に受け入れています。現在Trainee/Internカテゴリーの認可団体は100余りありますが、Cultural Vistasは毎年5,000名以上の取扱実績を誇る非営利団体です。

研修生および米国受入先企業/団体の書類(研修計画書)を精査し、その内容がプログラムの趣旨に合致した場合、Cultural Vistasは法的保証人となりアメリカJ-1ビザ申請に必要な適格証明書(DS-2019)を発行いたします。

審査は厳格ではありますが、同時に米国大使館ビザ申請の許可率の高さには定評があります。

法人概要

社名 一般社団法人 日本国際実務研修協会
The Institute for Japan International Practical Training(JIPT)
住所 〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-3 
SVAX西新橋ビル8階
TEL 03-5402-6337
FAX 03-5402-6192
受付時間 9:00~18:00(土、日、祝祭日を除く)
役員
会長
坂本 吉弘(元通商産業審議官)
代表理事
村井 尚人(行政書士法人IMS
代表)
理事
杉浦 滋彦(理工協産株式会社
代表取締役)
理事
時野谷 敦(元タイ日本国大使館
特命全権大使)
理事
中村 禎良(セントラル硝子
株式会社 前代表取締役社長)
理事
前川 宏一(東京大学大学院
工学系研究科 国際工学教育推進機構
国際事業推進センター長 教授)
理事
吉田公寿
理事
渡邉省三(前東京大学本部副統括長 
教育・学生支援担当)
(五十音順)

アクセス

お問い合わせはこちらから