JIPTブログ

2年間居住規定②

2017年05月23日

2年間の居住規定」が適用される場合、J-1プログラム終了後自国に戻り、少なくとも2年間居住する必要がございます。

2年間の居住規定が課せられるのは、下記の場合です。

・政府の資金援助があるプログラム

graduate medical education/training

・母国の指定スキルリストにある研修分野である

2年間居住規定については、ビザ申請時にアメリカ大使館で判断されます。

お問い合わせはこちらから